俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋の虫時に異音を部屋までも

作者 三男  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

澄んだ音色に紛れ耳障りな鳴き声も聞こえます。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

虫の声調子はずれも混ざりをり

回答者 宮武桜子

句の評価:
★★★★★

⚪︎一匹はモテそうにない虫すだく
⚪︎濁声の一匹目立つ虫すだく

「虫」は単独で秋の虫を意味するので、秋の虫という季語はないようです。「虫の秋」はあります。異音だと虫以外の音が急にしたように解釈されると思うので、別の角度で考えてみました。句意を著しく損ねている時ときはごめんなさい。

点数: 1

添削のお礼として、宮武桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

秋虫やコーラス成らず異音かな

回答者 翔子

句の評価:
★★★★★

三男様
いつも私の下手な手直し句、添削にお付き合い頂いて恐縮です。最近、仕事を増やしたせいか?心に余裕がない気がします。姉に私は俳句が下手だといったら、俳句が見つからなかったけど、と云って、短歌入門の書を持ってきました。これ、短歌をぎゅっと、凝縮したのが俳句だから、参考になると思うよと💦うーん(+_+)何か違うような💦でも一応詠んでみようと思います。

点数: 0

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

冬ぬくし雑念消してろくろ挽く

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

夏の空ポールモーリア聴きにけり

作者名 翔子 回答数 : 2

投稿日時:

色失せし挙動不審な月笑ふ

作者名 三日酔いの防人 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋の虫時に異音を部屋までも』 作者: 三男
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ