俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

石仏を囲むコスモス揺れやまず

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

急に秋らしくなりました。

最新の添削

「石仏を囲むコスモス揺れやまず」の批評

回答者 秋沙美 洋

久田さん、こんにちは。
先日は秋渇きの句に批評頂き誠にありがとうございました。
「寿司」「皿」「何枚目」というワードで、回るお寿司という事は書かなくていいかなとは思っていましたが、とはいえ色々な読み方があって然るべきだなと思い、一つ勉強させて頂きました。
その節はありがとうございました。

御句読ませて頂きました。
情景が素直に読まれていて、とても景が浮かびやすい句だと思いました。
個人的には「囲む」というワードは無くても、石仏の周囲に咲いているコスモスの光景は立つかなと思いつつ、一句捻ってみました。

「石仏やコスモス揺らす風の音」

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「石仏を囲むコスモス揺れやまず」の批評

回答者 翔子

句の評価:
★★★★★

久田しげき様
久田様の、句を頭に描いてみます。すると、とても気持ち良いです。コスモス、大好きな花🌼です。薄いピンクのコスモスがメインでしょうか?可憐なところが良いですね。

点数: 0

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

「石仏を囲むコスモス揺れやまず」の批評

回答者 三男

句の評価:
★★★★★

久田しげき様 こんばんは
コメントをいただいていましたが、知人と外食していたためお礼のご挨拶が遅くなり、大変申し訳ございませんでした。
金木犀の句は季重なりでしたか、この機会にしっかり理解するようにいたします。
石仏は地方でよく見かけました。過疎集落であってもお地蔵さんの祠を綺麗にしている所があり、先祖代々の地を守り抜く魂を感じました。
朽ち果て晒されている石仏も見ましたが、そのような場面に出会うと、決まってものの哀れと刹那に胸が痛みます。
久田さまの作品から学ぶことばかりです。
ありがとうございました。
本日はこれで失礼いたします。

点数: 0

添削のお礼として、三男さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

百人の首をかりたる歌留多かな

作者名 丼上秋葵 回答数 : 1

投稿日時:

筍がよろしくお兄と顔を出す

作者名 宮武桜子 回答数 : 6

投稿日時:

熱燗や舌も千鳥になるほどに

作者名 いなだはまち 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『石仏を囲むコスモス揺れやまず』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ