俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

駅離れ稲木の狭さ令和かな

作者 晴峯旬草  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

どこの田んぼも狭くなったなあ

俳句を勉強中の者です。多作して多捨されたいと思います。ご指摘頂けると励みになります。

最新の添削

「駅離れ稲木の狭さ令和かな」の批評

回答者 そうり

晴峯旬草さま
お久しぶりです。句意は分り、景もたったのですが、私的には、「上五」の状況が分りにくく感じました。下車して、田の方に向かっているのか、、、。散歩の途中で駅前から離れて行っているのか、、、。添削ではありません。例えばこのような状況でしょうか?「降りた駅令和に稲木の巾狭く」、、、、句意に沿っていませんでしたらご容赦を。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

除雪車の後ろに鉄路浮かびけり

作者名 腹井壮 回答数 : 3

投稿日時:

雪深き夜の盛り場閑なり

作者名 あらちゃん 回答数 : 4

投稿日時:

無花果にテーブル挟む新事実

作者名 入澤としえ 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『駅離れ稲木の狭さ令和かな』 作者: 晴峯旬草
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ