俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

お彼岸にさびしい無人墓参り

作者 水越里絵  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

さびしいでなくさびしきの方がよいのか迷ったのですが。

最新の添削

「お彼岸にさびしい無人墓参り」の批評

回答者 鳥越暁

こんばんは
墓参りに行かれたけれど他に人がいなかったのですね。それは寂しいですね。
感情、感覚を強く表現することもありますが、俳句では言葉にしないで感じてもらう、感じさせるというのが良いと思います。
揚句の場合では「寂しい」という表現を使わずに感じさせるのもいいのではと思いました。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

嘘をつき遠く見上げる夏の空

作者名 翔子 回答数 : 2

投稿日時:

大正のコンクリ小橋こぶし散る

作者名 負乗 回答数 : 4

投稿日時:

ストーブを囲む嬌声近寄れぬ

作者名 卓鐘 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『お彼岸にさびしい無人墓参り』 作者: 水越里絵
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ