俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

啜り泣く君とふたりで線香花火

作者 ことね  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

風邪で花火大会に行けない友達に付き合って、線香花火をやった情景を思い浮かべて書きました。花火大会に行けなかった事を表現出来なかったのですが、どうしたらわかりやすくなりますか?添削お願いします!

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

啜り泣く君と線香花火かな

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

君ととあれば、読み手と君の二人というのは想像に難くないので二人は省略ですね。
泣いている理由まで入れるのは17音では難しいと思います。

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

朝方の黒雲どこへ冬日和

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

春こたつ心骨病んで辛き日よ

作者名 白井百合子 回答数 : 1

投稿日時:

春愁の我がため息に溺れさう

作者名 みそまめ 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『啜り泣く君とふたりで線香花火』 作者: ことね
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ