俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雲間から上弦の月湖の上

作者 04422  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

夕暮れて湖に映る上弦の月は満月に向かう勢いを感じますし、又優雅です。

最新の添削

「雲間から上弦の月湖の上」の批評

回答者 三男

素一さま こんばんは
雲間からのお月さま。形を様々に変え見た目にも和やかだったりしますね。
古来から人々が心に感じた事を言葉に託し、和歌に始まる韻文の世界は時空を超えて通うものがあるようです。
この度も夜夜の月にご意見をありがとうございました。いただいたご感想はたくさん詠んで練習を繰り返す中にいかすようにしていますが時間がかかりそうです。
ありがとうございました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、三男さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「雲間から上弦の月湖の上」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

素一様
こんばんわ。鑑賞させていただいた瞬間、景が起ちました。作風の違いからか気になる点が、、、。細かいですが「湖の上」の「上」が説明的かと、、、。また「湖」を「うみ」と読まず「こ」とすれば、御句、、まだまだ臨場感を出せるかと、、、。提案句を捻りました。「上弦の月現るる湖の雲間」、、、いつも失礼をスイマセン。句意に添いませんでしたらご容赦を。

点数: 2

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

青魚口先の黄色秋の味

作者名 由紀恵 回答数 : 2

投稿日時:

出稼ぎの悲劇サッカースタジアム

作者名 友也 回答数 : 0

投稿日時:

思ひ出は去る鳥に似し冬牡丹

作者名 森田拓也 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雲間から上弦の月湖の上』 作者: 04422
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ