俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

緋の鯨去る車窓には夕桜

作者 ワイス  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

添削してくれた方々ありがとうございます。勉強になります。

今回は江ノ電と桜でつくりました。
桜の見える車窓の夕陽が鯨に見えた句です。

ご教授お願いします。

最新の添削

緋の鯨去る車窓には夕桜の批評

回答者 三日酔いの防人

ワイス様、こんにちは。夕陽を鯨と見立てる発想は素敵だと思います。この句の一番難しい点は車窓から見た景色が一つでは無い点です。
鯨のような壮大な夕陽と夕陽に照った美し桜ですね。17音で二つの感動を詠うことは難しいので、どちらかにしましょう。またかぬまっこ様からご指摘があったとおり、江ノ電での一節ですので、江ノ電と素直に詠ってみます。
江ノ電や帰路は夕陽の照る桜
となりました。
帰り道に美しい桜を感じられているので、この人はとても楽しい1日を送れたんだなとなります。(妄想ですみません)
腹胃壮様が、日頃仰られておりますが、俳句は一瞬を切り取る芸術です。なるべく主題は一つに絞ることをおすすめ致します。

点数: 1

添削のお礼として、三日酔いの防人さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「緋の鯨去る車窓には夕桜」の批評

回答者 かぬまっこ

今日は👋😃形は整っていると思います。緋の鯨は夕陽ですか。この句からは夕陽と感じとるのは難しいと思います。夕陽ならずっと見えているのではないでせうか❔また、「には」が音数合わせに思いました。「車窓に夕桜」で通じると思います。
上手い添削が思いつきません。いっそ江ノ電と言ってみてはどうでせうか❔

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

車窓の桜鯨の如き夕陽かな

回答者 虚俊

緋い鯨がいるのか!?と驚きました。
問題点は「緋の鯨」にあります。
「緋の鯨去る」で一度光景が切れるとします。すると読者は海を想像します。水族館の鯨は去れないでしょうから。そして「車窓」が出てくる。海にいるのか陸にいるのかわからなくなります。
「緋の鯨」で光景が切れて「去る車窓には夕桜」となると「緋の鯨」の正体がわからないまま孤立してしまいます。
この問題を解決するために「鯨の如き夕陽かな」と素直に書きましょう。「夕陽」とあれば緋いことも伝わりますね。そして桜はかなりの字余りになりますが七音の上五として「車窓の桜」と置きます。
車窓の桜鯨の如き夕陽かな
言いたいことが多い気もしますのでどの言葉を諦めるかも検討してみてください。

点数: 1

添削のお礼として、虚俊さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

寒雀むくむく今朝は雲速し

作者名 北野きのこ 回答数 : 1

投稿日時:

紫陽花や水彩絵具腕まくり

作者名 かこ 回答数 : 4

投稿日時:

川沿いの散歩ゆらりと彼岸花

作者名 ドキ子 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『緋の鯨去る車窓には夕桜』 作者: ワイス
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ