俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

三つ編みは肩へすいかにかじりつく

作者 季詠  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

長髪だと汚れないようにするのが、大変なのです。
かといって、スプーンで食べるほどおしとやかではなかった子供の頃の思い出です。
よろしくお願いいたします。

最新の添削

「三つ編みは肩へすいかにかじりつく」の批評

回答者 04422

こんばんは!
西瓜の句にコメントと添削句ありがとうございました。
すいかはガブリついての美味しさの醍醐味。たとえお嬢さんであろうと三つ編みであろうとも食べる時は同じ。良く雰囲気の出た句だと思います。ただ、直ぐには三つ編みは肩へが分かりませんでした。勘の悪い人間ですね。三つ編みを後へだったら分かったと思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「三つ編みは肩へすいかにかじりつく」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

季詠さま
初めまして。コメント拝読しました。懐かしい思い出ですね。少女の頃の思い出なので、「西瓜」をあえて「ひらがな」標記にされたところが、イイですね。「かじりつく」も勢いがあり季語の西瓜を引き立てていると思いました。助詞ですが、「を」使っても、句に動きが出ていいかも、、、と感じました。(三つ編みを、、、)

点数: 2

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

三つ編みを肩へすいかにかぶりつく

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

かじりつくとかぶりつくは漢字だと齧り付くで同じのようですが、かぶりつくには大きい口を開けてという意味があるようなので、かぶりつくにしてみました😃

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

病床で海闊天空願う夏

作者名 友也 回答数 : 0

投稿日時:

木の芽吹く黄色い帽子ランドセル

作者名 ささゆみ 回答数 : 3

投稿日時:

泣きまろぶ息子と川の字春の雨

作者名 苧麻 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『三つ編みは肩へすいかにかじりつく』 作者: 季詠
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ