俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

蛸の目で草食む山羊よ夏の空

作者 ひじき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

暑いなか、子供連れで動物園に行った時に山羊を見てふと思い付きました。
目のせいで、犬や猫と違って山羊は意志疎通できそうにないと感じます。

最新の添削

「蛸の目で草食む山羊よ夏の空」の批評

回答者 晴峯旬草

ヤギの目とタコの目が同じに見えることにハッと気付かされました
楽しいと思いました。
あと、やはりヤギなどの牧場にいる動物と空の相性は良いですね。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、晴峯旬草さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

住む人の見えぬ庭満開の薔薇

作者名 なおじい 回答数 : 8

投稿日時:

落椿昨日も今日も同じ形

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

初夏の風遅まきながら連休を

作者名 広夢 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『蛸の目で草食む山羊よ夏の空』 作者: ひじき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ