俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

しがみつく蝉のもぬけに雫かな

作者 かこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

夕べは凄い雨でしたが、抜け殻は落ちていませんでした。

最新の添削

「しがみつく蝉のもぬけに雫かな」の批評

回答者 晴峯旬草

かこ。様
よろしくお願いいたします。

句へのコメントありがとうございます。仰るように解説のようには伝わらないと思います。この句は実際のところ「暑い日の葬式」くらいが相応だと思っています。
友人ら数人にみて頂いた際に、煙突が見えたと言って下さったのが二人はいたので、少し、解説で饒舌になってしまいました。

しがみつく蝉のもぬけに雫かな
雨上がり…なのでしょうか。雨上がりで想像すると、周りの木々から落ちる雫も映像として出てきました。
朝露なのかな、とも思いました。この時期でも朝露のある地域はあるので。そうすると、朝焼けと蝉の抜け殻が同時に見えました。楽しく詠ませて頂きました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、晴峯旬草さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「しがみつく蝉のもぬけに雫かな」の批評

回答者 南風の記憶

句の評価:
★★★★★

 かこ。様、お世話になります。

 御句について、「空蝉」でなく「蝉のもぬけ」という表現を使われたのは、何か意図がおありでしょうか。そうでないなら、「空蝉」を使うと音数が節約でき、その分もう一工夫できそうです。

 たとえば、空蝉がどこにしがみついているのか。雫はどんな色でどんな形なのか。ここを詰められると、さらに良い句ができるように感じます。いかかでしょうか。

点数: 3

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

「しがみつく蝉のもぬけに雫かな」の批評

回答者 三男

句の評価:
★★★★★

かこ様 こんにちは
連日お暑うございます。
蝉時雨ばかりに気を取られがちでしたが、ふと目をやればそこに抜け殻を見つけたりしたものです。
雫の作品に触れ、確かにそんな時もあったと思い出し、日常見落としがちな事が俳句の対象になるので、視点を切り替えれば裾野が広い世界だなと教えられます。
作句する鍛錬を積み上げて、感動をこの世に伝えられる人たちは素晴らしいですね。

点数: 2

添削のお礼として、三男さんの俳句の感想を書いてください >>

「しがみつく蝉のもぬけに雫かな」の批評

回答者 三男

句の評価:
★★★★★

かこ様 こんにちは
空模様が気がかりですが、繰り返す長雨で食料品価格の高騰などが心配です。
故郷の作品にコメントをいただき、ありがとうございました。
全体を見通して、漢字やひらがなの用い方なども一緒に考えてみるようにいたします。
ありがとうございました。

点数: 2

添削のお礼として、三男さんの俳句の感想を書いてください >>

「しがみつく蝉のもぬけに雫かな」の批評

回答者 拓生

句の評価:
★★★★★

蠛蠓の句でのコメントありがとうございました。確かに怒号だと喧嘩のイメージがありますね。参考になります。
今後ともよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、拓生さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

他人の庭いかにも白き木瓜の花

作者名 佐渡 回答数 : 1

投稿日時:

いつときの止まるくしゃみや春の雨

作者名 竜子 回答数 : 6

投稿日時:

星青し夜流し白し風の盆

作者名 おせっかい 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『しがみつく蝉のもぬけに雫かな』 作者: かこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ