俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夜涼にて眠る妻子と冷えた飯

作者 晴峯旬草  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

夜遅くなって帰宅すると、妻と子は寝ていて、用意してくれていた飯は冷めていた。
涼しい夜がそうさせた。

右も左も分からず俳句をはじめた者です。ご指摘頂けると励みになります。
実際、俳句への添削頂いて喜ぶ最近です。

最新の添削

「夜涼にて眠る妻子と冷えた飯」の批評

回答者 いなだはまち

春峯旬草さま
よろしくお願いいたします。

コメント拝読しました。
失礼がありましたら、お許しください。

御句から、家族愛は感じ取れませんでした。
眠るという表現は、すやすやではなく、死んだように寝ている様子、もしかしたら死んでいる?とさえ感じました。

涼と冷の間で眠る。
愛ですか?って感じです。🙇

句の評価:
★★★★★
★★

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

蠅帳に一膳の飯社畜の夜

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★
★★

春峯旬草さま
よろしくお願いいたします。

口語にしますと、
夜が涼しいので、妻と子は寝ています。ご飯も冷めています。
にては、説明臭くなります。因果関係。
いつの時代の話?ジャーはあるし、レンジもあるし。
また、夜が暑かったらどうなるの?
などと、突っ込みたくなります。😁

イメージとしては、残業で遅くなると妻も子どもすでに寝ている。食卓には冷めたご飯が用意されている。
夜の涼しさとともに、一抹の寂しさも感じることよ。😰
というところかな?と読ませていただきました。

添削にはなりませんが、昭和のサラリーマンのお父さんの悲哀をイメージして、参考句をご提案いたします。

参考程度にお願いいたします。🙇

点数: 2

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

かみ合わぬ二人の会話春の闇

作者名 竜子 回答数 : 2

投稿日時:

甘やかな秋果に酔ふてはしご狩り

作者名 いなだはまち 回答数 : 3

投稿日時:

幼稚園に飛んでくる赤い蜻蛉

作者名 孫春艶 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夜涼にて眠る妻子と冷えた飯』 作者: 晴峯旬草
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ