俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ほおずきや掛け声競う浅草寺

作者 ありんこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

初めて俳句を作りました
ほおずき市に行った時の威勢のいい掛け声を思い出しました

最新の添削

ほおずきへ掛け声競う浅草寺

回答者 いなだはまち

ありんこ様
よろしくお願いいたします。

初めて??
俳句の型を押さえた、しっかりした句に仕上がっています。

上五、場合により下五に、五音の季語を置いて、残りの12音で、季語と無関係なフレーズを作り、衝突させて詩を生み出す。

御句の場合、浅草寺のほうずき市を詠まれていますので、上五やで、切る効果は小さいです。次も同じ場面ですので。
切らずに、ほうずき市の様子を映像化されるのもありかと存じます。
へ、に、の、と、、助詞で意味が変わりますので、ご自身の感覚にフィットするものを選んでみましょう。

普段から12音を作ることを心掛け、後で季語を探すのが、コツです。
五感で感じたものを12音の映像にする。🙇

句の評価:
★★★★★
★★

点数: 2

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ほおずきや掛け声競う浅草寺」の批評

回答者 三男

句の評価:
★★★★★

こんにちは
よろしくお願いいたします。
コメントを拝見し、初めての作句とは思えない作品の爽やかさに、とても気持ちがよくなりました。
7月10日とその前日、浅草寺境内に立つ【ほおずきいち】は、独立した季語にもなっているようですね。
ところでこちらの道場には、俳句を知り尽くし、正鵠な批評をしていただける尊敬すべき方がいらっしゃいます。
練習を繰り返され、早く出会えるといいですね。

点数: 2

添削のお礼として、三男さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

腐れ縁遅れた雪に笑みがもれ

作者名 はちゃ 回答数 : 0

投稿日時:

轟音のヘリの微かに霞かな

作者名 こま爺 回答数 : 3

投稿日時:

風来けり若葉の歓声とフラッシュ

作者名 IZMIN 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ほおずきや掛け声競う浅草寺』 作者: ありんこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ