俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

芍薬の薄桃色や母の手に

作者 翔子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

母、姉、ベトナムのキムさんという若い女の子と食事に行った帰り、花屋で花を母が褒めて、もうあまりもたないからと、薄桃色の芍薬の花を店の主人が持たせてくれた。

最新の添削

「芍薬の薄桃色や母の手に」の批評

回答者 胡 秋興

堀籠様
こんにちは
「晴雨とも編み笠被る梅雨の旅」の一句をご指導していただきまして、誠に有難うございました!
確かに、「編み笠」という言葉は渋い感じ、勉強はまだ不足と現れたのでした。これからは、もっと頑張ってはいけないと思います。
わたくしと一緒に練習した初心者もう一人は孫春艶と言いますが、この「俳句道場」に練習投句してます、堀籠様がもし余裕があればご指導していただれば幸いです。宜しくお願い申し上げます

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、胡 秋興さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「芍薬の薄桃色や母の手に」の批評

回答者 孫春艶

句の評価:
★★★★★

堀籠 様
お世話になっております。
家から150キロ離れるところですが、車で二時間ぐらいかかりますよ。前より泉の出水量がちょっと小さくなってきますけど、行ってみる価値があると思いますよ。
北海道ですね。よく知られる旅行地ですね。機会あれば、絶対見に行きますね。
ご連絡嬉しいですね。ありがとうございました。😋😋😋

点数: 1

添削のお礼として、孫春艶さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

伊弉諾は黄泉より走る鳥渡る

作者名 長谷機械児 回答数 : 3

投稿日時:

お点前の塵打ちのおと今朝の冬

作者名 げばげば 回答数 : 6

投稿日時:

雨の中友と交わした貝細工

作者名 ピー助 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『芍薬の薄桃色や母の手に』 作者: 翔子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ