俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

涙拭き梅薫り立つ道進む

作者 小泉美香  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

第一志望校には合格できなかったけど前を向いて行きたい

最新の添削

「涙拭き梅薫り立つ道進む」の批評

回答者 北野きのこ

小泉美香さん初めまして。
入学試験を終えられたとの事、大変お疲れ様でした。
句の感想を述べさせていただきます。
よろしくお願いします。

合格を知らせる表現として「桜咲く」がありますが、詠み手が一番に待ち望んでいた花は残念ながら咲かなかった、という点がこの句のミソかなぁと感じました。

合格通知は来るには来たが「桜」とは異なる報せだった。
でも「梅の薫る道」を進んで行きます、という決意。

詠み手の悔しさとそれに負けない決心を「梅」という季語の凛とした美しさが受け止めていますね。
この句では季語を用いて心理的な情景を表現する事に成功しているので、「涙拭き」という人物の気持ちを表す記述は省けるかなと私は思います。

読み手に対して涙を流す様な状況を明示するのか、漠然と「悲しい状況があったのかな?」と想像させるのか、どちらの作戦もありだと思います。
私は前者に挑戦してみました。

サクラチル我進む梅薫る道
サクラチル梅薫る道我の道

カナ表記にして「サクラは季語じゃないよー」とアピールしてみましたが、それでも桜と梅という大スターの共演なので、我ながらヒヤヒヤしてもいます(笑)
いかがでしょう?

新生活が実り多いものでありますよう、お祈り申し上げます。

点数: 2

添削のお礼として、北野きのこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「涙拭き梅薫り立つ道進む」の批評

回答者 腹井壮

小泉美香さん、こんばんわ。はじめまして。腹井壮と申します。

ここの添削道場には小泉美香さんのこの句を添削するにうってつけの方がいらっしゃいますのでそれまで待ちましょう。添削をする方がなかなか現れなければ自分が添削するかもしれませんが。
参考にはならないかもしれませんが拙句に

本心を四月の嘘に隠しけり

これは以前小泉美香さんの句と同じような思いで詠んだ句です。

点数: 0

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

「涙拭き梅薫り立つ道進む」の批評

回答者 かぬまっこ

今晩は✨う~ん。添削に悩みます🌀要するに合格は叶わなかったが前向きに頑張るぞという句ですね。

🔷梅が香や涙を拭きて道に立つ

こんなんでどうでせうか❔

点数: 0

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

冬うらら嘉手納はチューインガムのにほひ

作者名 南風の記憶 回答数 : 4

投稿日時:

墨色の凍てる山彦無言なり

作者名 和光 回答数 : 3

投稿日時:

葱坊主サビのとこだけ繰り返す

作者名 いなだはまち 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『涙拭き梅薫り立つ道進む』 作者: 小泉美香
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ