俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

衣更ふ瞬時去年の香のしたり

作者 ピンクよっちゃん  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

虚構句です。
本当に去年の香りがしたわけではありません。が、去年着た服にまつわる何らかの思いが一瞬、脳裏をかすめるのではないかと…

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「衣更ふ瞬時去年の香のしたり」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★
★★

ピンクよっちゃん様
よろしくお願いいたします。

季語「更衣(ころもがえ)」は、しっかりと上か下に押さえた方が句が締まります。
瞬時という措辞に、違和感を感じます。
別の言葉で、読者に伝える努力をされることをおすすめします。
去年の香も同じく、です。
失礼ながら、作り直しが良いかと存じます。🙇

点数: 2

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

具を揃え十七音のおでんかな

作者名 こま爺 回答数 : 4

投稿日時:

鷹狩や家康公も吾も駆けん

作者名 武照 回答数 : 0

投稿日時:

秋の夜本の途中で本を読む

作者名 翔子 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『衣更ふ瞬時去年の香のしたり』 作者: ピンクよっちゃん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ