俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

黄金の風吹きわたる麦畑

作者 カボスこしょう  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今すぐにでも、刈り取られる前の黄金の麦畑をみて、今年も、美味しいビールが、飲めるなーと、思った。

最新の添削

黄金の風吹きわたる麦畑

回答者 ピンクよっちゃん

こういう麦畑を眺めながら飲むビールは最高でしょうね。爽やかな風に吹かれながら…。
『黄金の風』その風は最初から金色なのではなく、麦畑を吹きわたる事によって金色になった…という発想だとすれば
「風に色与えるごとく麦の秋」
「風にさえ移りそうなる麦の色」
「風さえも染める色なり麦秋の」
「麦秋やその色風にまで映り」
『黄金の風』は魅力的なフレーズで目立ちますが、あくまで季語「麦」を主役にした方が良いと思います。
風と合わせるなら「麦の穂」なども良いかも。ビールも金色ですが、これは季重なりになりそうですね。収穫を感じさせる「今年麦」は酒に合いそうですが。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、ピンクよっちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「黄金の風吹きわたる麦畑」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★
★★

カボスこしょう様
よろしくお願いいたします。

いい風景ですね。
S社の金麦とイメージが重なります。

麦の秋の畑には、既に「黄金」のイメージがありますので、黄金の風は、まるまる別の言葉(表現)にされた方が良いと思います。

俳句は、リアリティーとオリジナリティーがありませんと、共感されません。
俳句だけは、作ることを捻ると言います。

他の人と違う視点、違う表現を頑張って見つけましょう。

御句は、添削しますと、私の句になりますので、ご自身で推敲なさってください。🙇

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

けんけんぱ桜の下の童かな

作者名 かぬまっこ 回答数 : 1

投稿日時:

三味線の門付しづか瞽女の春

作者名 あらちゃん 回答数 : 10

投稿日時:

凍てる手に摘みし野草のあく強し

作者名 04422 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『黄金の風吹きわたる麦畑』 作者: カボスこしょう
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ