俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

鯉幟腹まで進み高笑い

作者 かりさん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

鯉幟をあげる前に子供が中に入り遊んでいる様を詠みました。

最新の添削

「鯉幟腹まで進み高笑い」の批評

回答者 いなだはまち

かり様

本当にごめんなさい!😅
作者の思いが読者の脳に映像化されない、典型的な例かと存じます。

雰囲気としては、何となく分かる気がしなくもないのですが、素直に読みますと、

鯉のぼりが、(私の)お腹まで来て、大笑いしています。

なんのこっちゃ?となります。
応援してます!がんばりましょう。☺️

句の評価:
★★★★★
★★

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「鯉幟腹まで進み高笑い」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

かりさん様
はじめまして。実体験で消火?いずれにしても発想が良く、微笑ましく鑑賞させて頂きました。語順を変えて提案句を作ってみました。
「腹に入り高笑う吾子鯉幟」句意に沿ってなければスイマセン。少しでも参考になれば幸いです。

点数: 2

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

吊る前の鯉幟の中子が笑ふ

回答者 宮本宏之

句の評価:
★★★★★

かりさん、コメントありがとうございます。
面白い句ですね!にわかには浮かんでこない情景です(笑)
かりさんの近くには元気なお子さんが近くで遊んでいるんでしょうね!

点数: 1

添削のお礼として、宮本宏之さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

池に立つ赤き鳥居や帰る雁

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

銀漢を衛星すばやく横ぎりぬ

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

雪解けや冬の盛者去りにけり

作者名 安達ゆうき 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『鯉幟腹まで進み高笑い』 作者: かりさん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ