俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

一ニ三四五飛び込む腕は夏の海

作者 翔子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

彼の広くて強い腕を夏の海に例えて読みました。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「一ニ三四五飛び込む腕は夏の海」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

堀籠美雪さま
こんにちわ。景は浮かびます。ただ、上五の字数で、もっと何か表現できまいかとも思いました。例えば「せーの」だと三音、、等。腕が海の比喩だと分る様、提案句を作ってみました。(不出来ですが、、)「彼の腕夏めく海のような腕」、、、少しでも参考になれば幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

どうしてよいやら

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★
★★

堀籠さま

たびたびすみません!😁
御句、誤読の危険ありかと。😅

飛び込む腕、
①腕が飛び込む
②腕に飛び込む
下五から推察しますと、②かと存じます。
①で読んだ人は、下五で???。
②で読んだ人は、比喩なのかと納得?。
しかし、②ですと、季語が立たない句になっていそうです。

上五の字余り、効果のほど、よく分かりませんでした。🙇

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

涙春雨おかまの追憶水溜まり

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

衣替え背負ふラケット腕黒し

作者名 やす 回答数 : 1

投稿日時:

白菜を日陰に並べ計る塩

作者名 中村あつこ 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『一ニ三四五飛び込む腕は夏の海』 作者: 翔子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ