俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

淡黄陽さえずり寄るは花水木

作者 石坂 紀子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

柔らかな春の陽射しの中、花水木の周りで鳥が集まり囀ずる情景と、コロナの影響で外出が儘ならない中、散歩をしながら花水木が綺麗と会話する様子を詠みました。

最新の添削

「淡黄陽さえずり寄るは花水木」の批評

回答者 翔子

石坂紀子様
なるほど、情景が目に浮かびます。綺麗で微笑ましいです。淡黄陽、はじめ、調べたら、黄陽は蓮の花が出てきたので、蓮の花が花水木に似ている?とか訳のわからない事を考えていました😅素敵な句ですね。蕗の葉の添削ありがとうございます。私は、蕗は食べますが、今回、蕗の葉の煮物は、はじめて食べたので柔らかいなあと感じました。冷凍して少しづつ食べています。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

石坂さま

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

不勉強ですみません。
淡黄陽の意味が分かりません。
一応ググってはみましたが、決定打が出てきません。😅
雰囲気としては、鳥の名前のような感じがしますが。
ご教授お願いいたします。🙇

その上で、改めてコメントなり添削提案なりをさせていただきます。☺️

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

花水木淡き陽差しに鳥の声

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

石坂さま

解説ありがとうございました。🙇
鳥の名ではなかったのですね。😅

御句、季重なりっぽい作りかと存じます。
ちなみに、囀も春の季語です。
花水木を主役にしたいですので、提案句を作ってみました。☺️

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

寒柝の張りある声の人混じる

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

託児所のこぼれる灯り鯉幟

作者名 南風の記憶 回答数 : 1

投稿日時:

真夏の日白いフリルのサンドレス

作者名 翔子 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『淡黄陽さえずり寄るは花水木』 作者: 石坂 紀子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ