俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

置く霜の倒れた梅に花ごとき

作者 リリ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

「一物仕立て」の句を詠んでみました。この句はいいかどうか教えていただきませんか。「置く霜の」は百人一首の6番の短歌に参考します。

最新の添削

倒木に置く霜花びらの如し

回答者 宮武桜子

季語が多くて散漫になっている様な気がしましたので、梅を無くしてみました。花だと桜の意味になり季語なので花びらにして季語でなくしました。句またがりになってしまいましたが。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、宮武桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「置く霜の倒れた梅に花ごとき」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

リリさま
こんにちわ。。発想力感心しました。百人一首の「置く霜の白きを見れば夜ぞ更ける」ですね。、、、夏の天の川を擬人化した詩ですね。御句には「霜」「梅」「花」、、、季語らしきが一句に三つ入っています。どれを主役に詠むかですね。この時期ですので
「桜=花」を主役に百人一首の擬人化の「霜=天の川=星」を入れ提案句を作って見ました。
「花吹雪夜空の星に散らばりて」句意に沿ってなければスイマセン。少しでもご参考になれば、、、。

点数: 0

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

命日の供花に選ぶは菊の花

作者名 素一 回答数 : 3

投稿日時:

めいの名はまいと同一人物よ

作者名 めい 回答数 : 7

投稿日時:

空も晴れ桜もとめて山めぐり

作者名 白井百合子 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『置く霜の倒れた梅に花ごとき』 作者: リリ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ