俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

白日の春の埠頭の防護服

作者 石垣  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ダイヤモンドプリンセス号のニュース映像にあった豪華客船前を防護服が闊歩する非日常的な光景を切り取って句にしました

最新の添削

「白日の春の埠頭の防護服」の批評

回答者 いなだはまち

石垣さま

本サイトは、練習句やイマイチの句を投句されることをおすすめします。

自信の持てる句は、評価してもらえる場に、投稿されることをおすすめします。
各新聞、俳句誌、NHKテレビなど。
私は、「俳句ポスト」「通販生活(俳句生活)」「海苔の山本山」などに、定期的に投稿しております。
兼題と言って、決められた季語(傍題含む)
で読む場合もございます。

「石垣」が俳号でしょうか?
自分なりの思いを込めて俳号(別の名前)を
決めるのも楽しいですね。

私は独学でやっておりますが、鰤にはなれぬ、いなだ・はまちです。(笑)

参考になればよいのですが。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

ワイドショー春の埠頭の防護服

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

石垣さま
俳句にも時代を切り取る力がありますね。

御句、白が重なるイメージですので、上五に全く違うものを置くと、句に奥行きが出るような気がいたします。

参考までに、ワイドショーを置いてみましたが、まだ近い感じですね。

お役に立てばよいのですが。

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「白日の春の埠頭の防護服」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

面白いですね。
は行で5回、のが3回でなかなかリズミカルな句になっていますね。
他の言葉にするとリズムがなくなるので私はこのままがいいと思います。

点数: 0

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

八丈の友が語るは寒桜

作者名 翔子 回答数 : 2

投稿日時:

朝霜の上に散りたる白き花

作者名 中村あつこ 回答数 : 4

投稿日時:

大粒となりし雫や梅に雨

作者名 久田しげき 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『白日の春の埠頭の防護服』 作者: 石垣
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ