俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

おそろしや肉食女子と猫の恋

作者 かぬまっこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

かこ。さんの草食男子の句を真似て詠んでみました。

最新の添削

「おそろしや肉食女子と猫の恋」の批評

回答者 かこ

カカシの句へコメントありがとうございました😊
仕方ないですね。😢
でも、有名ですよ。発行部数は三指に入り、ドラえもんの2倍以上、テレビアニメ、映画化、世界中で翻訳されて読まれています。外国人が日本語を学ぶきっかけにもなってますね。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「おそろしや肉食女子と猫の恋」の批評

回答者 まーやん

句の評価:
★★★★★

かぬまっこ様
ありがとうございます。以前コメントいただいた事がありますので二度めましてです😊
御句ですが、季語猫の恋を使って見知った方と遊んでおられる様子が楽しそうでいいなぁ~と思いましたので、お礼の感想だけ置いていきます。肉食女子と猫の恋両方をそれぞれおそろしいと思ってるなら納得できますが、猫の恋の季節に盛ってる肉食女子がおそろしいと思っておられるなら「おそろしき肉食女子や猫の恋」が良いのかなぁと感じました。

また、船出の句に添削して下さりありがとうございます。
風は吹かせましょうと言うご指摘納得しました。たしかに。
しかし直していただいたニュアンスだと友人と宴会の席でがんばれよーと言っているような印象になってしまうので、アドバイスを受けつつ願う雰囲気も少し残しながら「船出の宴帰りゆく背に風光れ」となおし詠んでみました。

点数: 2

添削のお礼として、まーやんさんの俳句の感想を書いてください >>

「おそろしや肉食女子と猫の恋」の批評

回答者 まーやん

句の評価:
★★★★★

かぬまっこ様
並列の表現は気遣いだったのですね💦
まだまだ未熟でお恥ずかしいです。

なおした方の句へのコメントありがとうございます。私の前途を願う気持ちを汲んでくださりとてもうれしいです「出船の宴去りゆく背へ風光れ」とても納得出来る良い形になりました。風光れがいいかどうかは私もわからずに使っていますが俳句を詠む方なら伝わるんじゃないかなぁと甘えと勢いで使ってみました。あと直して下さった去りゆく背へは私には到底出てきません😢えんのはみ出てる感じが気になっていましたので収まりが良くなったように感じます。全然俳句の言葉に慣れてないのでどうも使う言葉が子供っぽくなってしまうんです。。
ありがとうございました。

点数: 0

添削のお礼として、まーやんさんの俳句の感想を書いてください >>

「おそろしや肉食女子と猫の恋」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

かぬまっこ様
こんにちわ。
「空港」の句評有難うございます。そうなんですね。勉強になりました。詠みたかった主旨は、ウキウキ気分の中、ゲートの先に、春が待ってくれている(比喩)、、、とのことを詠みたかったのですが、、、。奥が深いです。

点数: 0

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

「おそろしや肉食女子と猫の恋」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

かぬまっこ様
こんにちわ。お詠みいただきありがとうございます。さわやかに「スッと」入ってきました。しっかりと季語が主役にたっているし、、、、。勉強になります。

*肉食の男子ばかりや猫の恋、、、お粗末様でした。

点数: 0

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

「おそろしや肉食女子と猫の恋」の批評

回答者 まーやん

句の評価:
★★★★★

かぬまっこ様
こんばんは。添削いただきありがとうございます。
句を練り直したからといって別に投稿しなおさなくてもいいんですね💦
先日は巻き込んで失礼があったんじゃないかと恐縮しておりましたが、またコメント下さり感謝しています。

また、朝霞の句について。赤が最後にあることでぼんやりした感じが鮮やかになりますね、型を覚えていけばご指導いただいてる内容も理解しやすくなるんですね。
今後ともよろしくお願い致します。

点数: 0

添削のお礼として、まーやんさんの俳句の感想を書いてください >>

「おそろしや肉食女子と猫の恋」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

履歴書の句へコメントありがとうございます。
でも、季語の春は動かないですよ。
春は色々なスタートのシーズンです。特に、仕事をスタートする人も多い、その春に仕事を探している、スタート出来ていないという意味、だから、対比があるのでこの春は動かないです。

点数: 0

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

「おそろしや肉食女子と猫の恋」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

かぬまっこ様
こんばんわ。お詠み頂きありがとうございます。厚かましいのですが質問させていただいてもよろしいでしょうか。語順はこれでよろしいでしょうか。季語が主役となっているでしょうか。暗中模索しております。ご教示頂けたら幸いです。

点数: 0

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春落葉私何しにこの部屋へ

作者名 めい 回答数 : 3

投稿日時:

緑蔭に前脚上げる神馬像

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

寄席小屋の文字の賑はひ冬灯

作者名 長谷機械児 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『おそろしや肉食女子と猫の恋』 作者: かぬまっこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ