俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

今冬凍らずほどに暖かなり

作者 のんき  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

4-7-6の破調で詠んでみました。
今冬は雪もあまり振らなかったのでとても暖かく感じる日が多かったので、このことを気持ちに込めました。
凍らず→氷だということを考えさせるようにもしてみました。
中七・下六の繋げ方がこれでいいのかは少し心配ですね。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「今冬凍らずほどに暖かなり」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

のんき様
初めまして。初心者なので添削などできませんが、、、。時候としては、今年の冬を象徴していて良く分る「句」と存じます。「凍らずほど」と「暖かなり」の対比も面白いと思いました。ただ、映像として浮かびませんでした。作者の見た「事例、風景」等を取り入れたら、、、と思いました。

点数: 2

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ありがたうただありがたう竜の玉

作者名 かぬまっこ 回答数 : 1

投稿日時:

秋出水泥の臭いの朝かな

作者名 洋子 回答数 : 2

投稿日時:

朱の群れにピンクあり土手の彼岸花

作者名 柴崎恵子 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『今冬凍らずほどに暖かなり』 作者: のんき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ