俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

酒の空き缶獺の祭のごとし

作者 Mayu13  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

夫婦で晩酌をしていたら、空き缶がたまり、テーブルの端から順番にきれいに並べられている。
捨てりゃいいのになぜかきれいに並べてる様子が、カワウソがお魚を並べてる様子に見えて、よみました。

最新の添削

獺祭魚弔うやうな缶の列

回答者 南風の記憶

Mayu13様、はじめまして。獺の祭のことは、まったく知りませんでしたので、とても勉強になりました。ありがとうございます。
もったいないのが一点、最後の「ごとし」です。季語を比喩として使ってしまうと、季語じゃなくなってしまいます。

いっそのこと、実際に獺祭魚を見ているとして描いたらいかがでしょうか。そして、要するに缶を「弔う」ように並べているから「獺の祭」のように見えたのですよね? でしたら、缶の描写に比喩を使った方が良いと思います。いかがでしょうか。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「酒の空き缶獺の祭のごとし」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

Mayu13さま
よろしくお願いいたします。

おお~!!という読後感です。💨
しいて申さば、缶より瓶かと。
観賞させていただきました。🙇

また、素敵な句をご披露ください。

点数: 2

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

秋曇総合病院の骸

作者名 根津C太 回答数 : 2

投稿日時:

頬染めたセーラー服と秋の空

作者名 優子 回答数 : 4

投稿日時:

冴返り夜の秒針気に止まる

作者名 晴峯旬草 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『酒の空き缶獺の祭のごとし』 作者: Mayu13
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ