俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

うりずんや筵の綾のごと生きる

作者 南風の記憶  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

「うりずん」とは、本州の春とは違う沖縄独特の春のことで、一年で最も過ごしやすい季節です。「筵(むしろ)の綾」のように真っすぐ生きていくという決意を詠みました。

最新の添削

「うりずんや筵の綾のごと生きる」の批評

回答者 そうり

南海の記憶さま
勢いのある気持ちの良い句ですね。「うりずん」、、、初めて知る言葉で、調べましたら、「潤い初め」が語源で「冬が終わり大地に潤うが増していく時期」とありました。
「うりずん」「綾」「生きる」が響き合い、沖縄では短いこの時期を、「筵」の網目のように、交わりながら、関わりながら力強く生活していく姿を浮かべました。発想のすごさに、いつもながら「脱帽」です。

句の評価:
★★★★★

点数: 3

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

駄句ばかり作る私に夏の月

作者名 優子 回答数 : 0

投稿日時:

恐ろしや日も高くなり時流れ

作者名 俳句好きの青年 回答数 : 1

投稿日時:

家の中息子とふたり春日傘

作者名 苧麻 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『うりずんや筵の綾のごと生きる』 作者: 南風の記憶
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ