俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

沈丁花闇のなかなる香りかな

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

暗がりにふと。

最新の添削

「沈丁花闇のなかなる香りかな」の批評

回答者 いなだはまち

久田さま
お世話になります。

マスクの川柳にコメントありがとうございます。
拙句は、そのままの意味です。
風評に流され、予防と称してマスク万能説に踊らされている国民を揶揄しました。

私は、罹患するまでマスクをしない派です。本当に必要な人が困るような事態は避けなければならないと思います。
花粉も飛散が始まります。

御句、先に種明かしをしない方が、読者の興味を引ける句になるのではないかと思います。
提案句はございません。🙇
ご一読いただきありがとうございます。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

つっかけを履いてゴミ出し朝寒し

作者名 点徒 回答数 : 2

投稿日時:

氷嚢になづさふ春の風邪籠

作者名 げばげば 回答数 : 8

投稿日時:

音無しの港バースの冬灯

作者名 エイジちゃん 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『沈丁花闇のなかなる香りかな』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ