俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

のど自慢の外で囀る雲雀かな

作者 鳥田政宗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

始めて気重なりの俳句を詠んでみました、
何とか目線を誘導できる俳句にしようと工夫

最新の添削

のど自慢ホールの空や初雲雀

回答者 いなだはまち

鳥田さま
お世話になります。

のど自慢と言われた瞬間に、映像がパッと広がりますね~!
題材ですでに勝利の予感がします。

お昼時、地方のホール、鐘のかーん、ベタなアナウンサー、今も歌の上手い歌手、ご当地の歌姫、などなど。

提案句のほかに、
★のど自慢ホールの空を初雲雀 (一例)
や⇒を、へ、に
初雲雀⇒揚雲雀、雲雀かな(や、は×)
など、助詞や季語により、句の雰囲気や方向性が変化するかと存じます。
作者の好みですね。

季重なりの句は、難しくて提案できず申し訳ございません。

参考になれば幸いです。
お読みいただきありがとうございます。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

足の痛み山の匂い新緑

作者名 行橋泉 回答数 : 1

投稿日時:

風鈴を軽く弾きて桜桃忌

作者名 あらちゃん 回答数 : 17

投稿日時:

ハロヰンの怪物挙る渋谷かな

作者名 もるまみれ 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『のど自慢の外で囀る雲雀かな』 作者: 鳥田政宗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ