俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

寒明の新聞紙面鬼ぞろり

作者 いなだはまち  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

寒明でなくてもですが。
中七が陳腐?

最新の添削

鬼ぞろり寒明の新聞紙面

回答者 南風の記憶

こんにちは。私は、季語はあまり気になりません。「節分」とかだと近すぎますし。

句またがりになりますが、先に鬼を持ってくるのが、意外性があって面白い気がします。五・七・五の調べは崩れますが、内容からいって、少し崩した方が雰囲気に合っていると私は思います。元の語順だと、やや散文的になるのがもったいないかなと。

二句の批評、ありがとうございます。誰にでも得手不得手はありますよね。私は植物の句は(得手不得手はともかく)好きなのですが、食べ物の句が苦手です。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

調弦の音が座敷に庭ざくら

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

もうすぐの早春の頃詩をめくる

作者名 翔子 回答数 : 4

投稿日時:

滝裏を行く人の声泡と消へ

作者名 佐渡 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『寒明の新聞紙面鬼ぞろり』 作者: いなだはまち
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ