俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春暁や両手に有り余る仔犬

作者 四条虎  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

季語と仔犬の取り合わせが普通過ぎるかどうかが心配です。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「春暁や両手に有り余る仔犬」の批評

回答者 本田太郎

句の評価:
★★★★★
★★

句から理屈を抽出してるのはあなたの方じゃないですか
卵酒と赤ん坊の因果をくくりつけて説明的に捉えているから歪んで見えてしまうんでしょう

説明的とか理屈的なものが俳句ではないと言う決めつけもご自身の解釈をせばませていると思いますがね

添削も思い浮かばずにダラダラと長文どうも

点数: 1

添削のお礼として、本田太郎さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

終電の軋む線路に霜夜かな

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 7

投稿日時:

プーチン見る豆まき如く散る命無用

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

浮かれ猫ごとく騒がしバラエテイ

作者名 吉田一音 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春暁や両手に有り余る仔犬』 作者: 四条虎
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ