俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

蝦蟇の目や明日も雨の蒼きこと

作者 まちる  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

初めて俳句ポスト挑戦で何個か投稿した中の一つです。
「人」に入らせて頂きました。嬉しいです。

他に投票した句と違って何がよかったのか・・・
逆にこの句で更に上を目指すならどうすべきか・・・

句意は雨の続く日の鬱を蟾の無表情にも見える目に託しました
よろしくお願いします

最新の添削

「蝦蟇の目や明日も雨の蒼きこと」の批評

回答者 鳥越暁

こんばんは。
蝦蟇の目は蝦蟇自身が舐めて掃除するくらい綺麗な目をしていますね。それが良く伝わります。ハイポの入選は独特なラインがありますよね。選句理由が???のもありますが、選者が誰であれ良い句は選ばれるものと思います。
私ならば最後は「も蒼かろう」としていたと思います。明日のことなので。ですが、そうするときっと選から漏れていたかと。
「蒼きこと」と言い切ったのが評価されたのだろうと思いました。とても良い句だと思います。

拙句「初浴衣・・・」へのコメントありがとうございます。
拙句をよく読みこんでいただき嬉しいです。ほぼほぼ当たっています♪
思春期の男の子の恥じらい、同世代より大人びている女の子、上手く拾っていただき感謝いたします。
ただ彼でもなく、浴衣の君でもなく、それを眺めている第三者の目線でした。
彼の「居り」としてそれを表現したかったのですが、「男の子」とストレートにした方が良かったかと思いました。自分では「惜しかったかー」という感じです(笑)。

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

秋近く人は心で愛は夢

作者名 優子 回答数 : 1

投稿日時:

ことさらに熱き茶を淹れ暑に耐ふる

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

可動橋開ききる鯊跳ねかける

作者名 塩豆 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『蝦蟇の目や明日も雨の蒼きこと』 作者: まちる
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ