俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

京の夏舞子と僧の果たし合い

作者 鉄道員  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

八坂神社にお参りした時のことです、その日も猛暑でしたが、たまたますれ違う舞子さんとお坊さんをみて、どちらも汗をかかず少し俯きかげんに早足でとうり過ぎてゆきました。その精神力に圧倒されながら何か清々しいものを見たような気がしたのです。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

風邪ひかぬ鈍い頭を恨みけり

作者名 ほうとう 回答数 : 2

投稿日時:

高層のビルは聖樹に仕立てられ

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

炎天や参戦と呼ぶライブかな

作者名 かこ 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『京の夏舞子と僧の果たし合い』 作者: 鉄道員
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ