俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

田舎道風に流るる枯葉かな

作者 素一  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

父の命日墓参して来ました。本当に車も滅多に通らない田舎道を歩いてみました。山の方からの欅等の枯葉が道いっぱいからからと風に吹かれていました。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

田舎道彼岸より来し枯葉かな

回答者 丼上秋葵

句の評価:
★★★★★

こんばんは!
布団の中から、おくらです。

拙句「大三元」の句に、ご感想を賜り、ありがとうございます!
麻雀は久しくやってないですよ! 仲のいい友達と遊ぶ程度ならいいですけれども、そもそも面子が揃いませんし、パチンコと同じで、どこまで頑張っても、最終的には運ゲーですからね💦
運要素は全く介在せず、努力と勉強のみが成果につながる将棋と俳句の方が余程、面白いし、遣り甲斐があります!

恐縮ながら、御句に感想を述べさせていただきます。

本日、お父様の命日だったのですね。お墓参りは勿論ですが、こうして千日草様が日々お元気に過ごされていることが、故人様は何よりも嬉しいのではないのでしょうか。

それはそれとしまして、掲句はこのままだと只事感が否めないですね💦

折角「墓参」に行かれたのですから、そのお気持ちを「枯葉」に託して、もう少し〈身に迫る思い〉を表現されてみては、と考えての、提案句です。

お墓は山の上にあるのでしょうか? 「枯葉」は「山の方から」詠み手の方へ「風に吹かれて」来たということなので、その景をより具体的に詠まれた方がよいかと思います。

①田舎道吾に吹き寄せる枯葉かな

「吾」は「あ」と読んでください。風によって、詠み手の方へ「枯葉」が舞っています。「枯葉」はどこか〈もの悲しげ〉なイメージを孕んでいるので、「吾」に何か、悲しい出来事があったのかな? と読み手は判断します。

②田舎道彼岸より来し枯葉かな

より、〈死〉をイメージさせる「彼岸」という言葉を用いてみました。ただ、こちらは、少し観念的で、具体的な視覚情景描写が想像しづらいので、①の方がマシかも知れません💦

お父様のご冥福をお祈りいたします。

少しでもご参考になれば、幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、丼上秋葵さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

添削ありがとうございます

作者名 みん 回答数 : 0

投稿日時:

音や散りて万感こもる大晦日

作者名 銀水 回答数 : 5

投稿日時:

行く雲の名は何かしら山笑う

作者名 ハオニー 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『田舎道風に流るる枯葉かな』 作者: 素一
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ