俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夢のごと城灰塵の秋哀し

作者 菊花  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

朝の首里城火災のニュース映像に衝撃を受けました。悪い夢を見ているようです。本当にお見舞い申し上げます。
とは言うものの、詠んでいて何かしっくりこなかったのです。秋哀しが作為的でしょうか…添削をお願いいたします。

最新の添削

「夢のごと城灰塵の秋哀し」の批評

回答者 04422

こんばんは!
拙句「初版本…。」にコメントありがとうございます。
俳句を始めて三か月目くらいの時の句です。一年経過しましたが、一向に上達しない千日草です。
御句詩吟として詠んでもよさそうな句ですね。何度か沖縄には行って首里城寄って来ましたが将に夢のごとですね。
あくまでもアナログ的ですが、ページをめくる本の方が良いですね。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

朝焼や灰塵に帰す首里の城

回答者 丼上秋葵

句の評価:
★★★★★

こんにちは!
尚巴志の子孫、おくらです。
本流ではないのですが、母型の祖父にその血が混じっていると聞きました💦

祖父の友人を訪ねて、一度首里城にも足を運んだことがあります。まだ子供だったので、ただただ真っ赤だなぁという感想を持ちました。

拙句は添削ではなく、返句とお捉えください。「朝焼」は晩夏の季語ですが、延焼が始まった時間と〈炎のように赤い〉イメージがピッタリだったので、句調を調える為に使ってみました。また、「朝焼」が綺麗な日は〈雨になることが多い〉ことから、〈関係者の涙〉も連想できたらな、と考えました。

御句は、〈憂い〉を帯びる「秋」という季語が、必ずしもネガティブなイメージだけを持っている訳ではないので、「哀し」としたのは良いと思います。ただ、折角なので「首里城」の名前をどこかに入れた方が、より本来の句意に近づくのではないのかな、と考えた結果が拙句です。

少しでもご参考になれば、幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、丼上秋葵さんの俳句の感想を書いてください >>

「夢のごと城灰塵の秋哀し」の批評

回答者 丼上秋葵

句の評価:
★★★★★

申し訳ございません💦

御句への感想に夢中で、菊花様が拙句「かすみ草」の句へ下さったご感想に対するお礼をし損ねてしまいました💦

丁寧に句意を汲み取って下さり、嬉しいです。ありがとうございました!

こちらは揚句とは全く無関係なので、ご覧後非表示にでもしてください。

今後とも、ご指導・ご鞭撻の程、よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、丼上秋葵さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

大晦日掃除する手も弾みたり

作者名 中村あつこ 回答数 : 3

投稿日時:

初秋や夜は漫ろにコップ酒

作者名 いなだはまち 回答数 : 1

投稿日時:

卯の花の腐しアマプラに入会

作者名 ゆめか 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夢のごと城灰塵の秋哀し』 作者: 菊花
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ