俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

この坂を上れば彼の春も尽く

作者 ひじき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

大学を卒業式に向かう時の弟の背中を思い出して詠みました。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

このさきは黄泉比良坂紅葉散る

回答者 一本勝負の悠

句の評価:
★★★★★

黄泉比良坂
よもつひらさか

島根県松江市東出雲町は、黄泉比良坂があった場所として、1940年に「神蹟黄泉比良坂伊賦夜坂伝説地」の石碑を同町揖屋に建立した。 同地には、千引の岩とされる巨石も置いてある。
https://ja.m.wikipedia.org › wiki
黄泉比良坂 - Wikipedia

点数: 1

添削のお礼として、一本勝負の悠さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ちゃんばらに水鉄砲は卑怯なり

作者名 かぬまっこ 回答数 : 16

投稿日時:

夜中蚊やパワー全開戦闘機

作者名 胡 秋興 回答数 : 3

投稿日時:

ビル群のすき間に見ゆる冬茜

作者名 彩雲 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『この坂を上れば彼の春も尽く』 作者: ひじき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ