俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

落葉踏むうしろに一人来るらしく

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

落葉の音の様

最新の添削

「落葉踏むうしろに一人来るらしく」の批評

回答者 素一

こんばんは!
拙句にコメント添削句ありがとうございます。
柿の日と言う季語はありませんので無季語の句となるのでしょうか?
揚句晩秋から初冬の公園の景でしょうか。雰囲気が良く出ていると思いましたが当方にはブナ林の登山道が浮かんで来ます。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、素一さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

梅雨晴れや洗われたるシーツと空

作者名 野花 回答数 : 3

投稿日時:

ソロモンの日傘は知恵の象徴か

作者名 友也 回答数 : 0

投稿日時:

夏休み終わり給食母笑顔

作者名 水越里絵 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『落葉踏むうしろに一人来るらしく』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ