俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

近寄りてそつと撫でるや竜の髭

作者 かぬまっこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

竜の髭は夏の季語です。
何故、この句を今詠むのかと…。
龍のような孤高の人でした。トホホ
😢⤵⤵

最新の添削

「近寄りてそつと撫でるや竜の髭」の批評

回答者 白井百合子

かぬまっこさんこんばんは。
そっと撫でるとはやさしいですね。ハサミでちょんぎるなんてとこ
しないのですね。
新しい恋がすぐ近くまで来ているかも知れないですよ!
取りにがさないようにね!

点数: 0

添削のお礼として、白井百合子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

そつと撫で近寄り難き竜の髭

回答者 腹井壮

かねまっこさん、コメント有り難うございます。こっちのオッサンは別の恋の俳句のコンテストで奮闘中です。かぬまっこさんの御健闘を祈ります。そんでもって

近寄り難き竜の玉光りけり

なんてのも詠んでみました。

点数: 0

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

温む水に置いて行かれた就活生

作者名 柳瀬竜郎 回答数 : 0

投稿日時:

要望:厳しくしてください

五日暮れ味噌屋の婆の欠伸かな

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 4

投稿日時:

泉湧くつぎからつぎへ水の水

作者名 佐渡 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『近寄りてそつと撫でるや竜の髭』 作者: かぬまっこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ