俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

年立ちぬ俳句に神はおらぬのか

作者 友也  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

必死の思いで俳句の腕を磨いている方々には、何を甘えたことを言っていると思われるでしょうが、自分の才能の無さに絶望しています。おそらく自閉症と躁鬱のせいもあると思います。頭が回らないんです。俳句の本も読めず、プレバトさえ観られなくなってしまうほど酷い鬱状態に苦しんでいます。

皆様にお目にかかれるのは、一年後でしょうか、数年後でしょうか、それとももうこの世にいないのでしょうか。また気持ちを取り直してすぐ投稿できるといいのですが。わかりません。

最新の添削

「年立ちぬ俳句に神はおらぬのか」の批評

回答者 めい

友也さま。神は、貴方様の中にいらっしゃいます。どうか信じて前向きに捉えて下さい。
貴方様が倒れたとき神は、貴方様をおぶって歩きました。だから貴方様は、生きて俳句が作れる幸せを感謝して下さい。
不平不満愚直泣き言を感謝の言葉に変えて下さい。神は、貴方様を見捨てたりしません。
言霊を信じて下さい。

▪小春日や僕はなんだかついている

また、宜しくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

明け六つに白雪蹴って二二六

作者名 渡 弘道 回答数 : 15

投稿日時:

朝と声掛けて蠢く布団剥ぐ

作者名 ささゆみ 回答数 : 4

投稿日時:

王鐸を習ふ長鋒明け易し

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『年立ちぬ俳句に神はおらぬのか』 作者: 友也
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ