俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

また野分よすがもなにも流されて

作者 菊花  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

この度の台風被害を見ての驚きです。本当にお見舞い申し上げたいです。

最新の添削

「また野分よすがもなにも流されて」の批評

回答者 丼上秋葵

はじめまして。おくらと申します。

今年の台風被害は本当に酷い有り様ですね。
皆様の無事を切に祈ります。

恐縮ながら、御句に感想を述べさせていただきます。

「よすが」の選語がとてもいいと思いました。「親しい身寄りやそのお住まい」を想起する一方で、人智を越えた天災の前では、それを防ぐ「手立て」すらままならないという人間としての無力感・悲壮感が中七下五からとても伝わってきます。

具体的(視覚的)な物が詠まれていないことで、「なにも(かも)流されて」しまい、眼前には何も残らなかったという喪失感がより強調されていると感じました。

「また野分」から読み取れるいつまで続くのだろうかという余情もあいまって、なんともいえぬ憂いを感じる秀句だと思いました。

特に、ここを直してみてはという箇所は見つかりませんでした。

少しでもご参考になれば、幸いです。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、丼上秋葵さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

実朝忌海より続く八幡宮

作者名 佐渡 回答数 : 8

投稿日時:

夕焼けや道をたどれば古き寺

作者名 佐渡 回答数 : 4

投稿日時:

凩の通ひ路なるや妻の胸

作者名 一本勝負の悠 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『また野分よすがもなにも流されて』 作者: 菊花
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ