俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

みちばたの花から感じる生命力

作者 塚本もも  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

道端に咲いてる花を見たときに踏まれたりしていても頑張って咲いている花を見て思った句です。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「みちばたの花から感じる生命力」の批評

回答者 かぬまっこ

今晩は✨さて、この句の季語は⁉無季でせうか✨俳句で花というと桜を指します。今回、水仙で…。

🔷道端の生命力や水仙花

ただ、生命力と水仙、あまり合っているように感じませんがね…。

指摘事項: 無季俳句

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

道端の名のなき花の光かな

回答者 腹井壮

塚田ももさん、おはようございます。

原句には季語がありませんが自然に対して真っ直ぐな気持ちが見られます。ですのであえて季語を入れず無季の俳句とした添削です。
修正点はまず「みちばた」を漢字に直した事。かぬまっこさんの御指摘にもありました俳句の業界用語的な「花=桜」に対する花全般との区別。生命力を光に例えたこと。無意味な字余り。があげられます。

季語を入れて詠むなら

梅雨晴間名のなき花の光かな
梅雨晴間名のなき花の光りけり

と自分なら詠みます。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

古い茶屋かき氷刺す奥の音

作者名 ひまだかや 回答数 : 1

投稿日時:

納涼の川床スタバおいでやす

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 0

投稿日時:

春愁のビスクドールの眼の碧し

作者名 さび 回答数 : 8

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『みちばたの花から感じる生命力』 作者: 塚本もも
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ