俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

毬を剥き艶やか栗の実の重さ

作者 千日草  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

栗のシーズンになりました。
落ちてきた栗の 毬(いが)から栗の実を取り出したシーンです。
詰め込み過ぎた感がしていますが何所をどうしたらいいのか分かりません。

最新の添削

まんなかの栗に生まれて尖ってる

回答者 いなだはまち

お世話様です。

俳句は、写生が基本なのだと思いますが、読者が勝手に詩を感じるよう表現の工夫を意識したほうが上手くいくことが多いように感じます。

添削にはなりませんが、手なおし句をどう読むかは、読者に委ねるところです。

また、宜しくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>


ネット講座『【俳句講座】365日読むだけで俳人になれる講座』
素晴らしい作品を読んだとき、俳句でも泣けます。良い俳句をつくるようになると生活がいきいきして顔が輝いてきます。ただし、ホンモノの俳句をつくる技を会得しなくてはなりません。世の中の大部分の俳句は真面目そうでつまらない。だから本当に素晴らしい俳句の世界に八木健がご案内します。一緒にやろうじゃありませんか

八木 健 講師
NHKアナウンサーとして39年間勤務 
NHK俳句王国司会を10年担当しました 
現在 滑稽俳句協会会長

 

その他の添削依頼

放り込まるる都会の雪やマンホール

作者名 腹井壮 回答数 : 1

投稿日時:

透き通る空に漂う渡り鳥

作者名 ノブコフ 回答数 : 1

投稿日時:

三宝の団子のゆくえ無月かな

作者名 いなだはまち 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『毬を剥き艶やか栗の実の重さ』 作者: 千日草
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ