俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

長雨に秋茄子口に遠くなり

作者 素一  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

一週間を越す長雨に体調壊してしまいました。足腰が急に弱っています。秋茄子のポン酢かけが無性に食べたくなりました。

最新の添削

「長雨に秋茄子口に遠くなり」の批評

回答者 丼上秋葵

追伸です!

お住まいのところは本当にお寒いんですね!
お風邪を召されないようにしてください💦

揚句とは全く関係ないので、こちらのコメントは拝読後、非表示にしてください。よろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、丼上秋葵さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「長雨に秋茄子口に遠くなり」の批評

回答者 鳥越暁

こんばんは。
御句について
上五で切れを入れた方がよいと申し上げたのは、「長雨や」で切ると雨の情景から、一旦場面が切り替わり「秋茄子」へと向かいます。そこで「口に遠くなる」へと続きます。切れを入れるのですが、切れ字の「や」というよりも詠嘆の「や」を進言いたしました。失礼ながら、もっと申し上げれば元句では伝わりづらいですね。ならば場面切りして、読み取ってもらう方が良いかと思った次第です。

また「電柵」の御句ですが、一般的に田圃の電柵は秋口に施される事が多いので「季語はないが季感あり」となるでしょう。ご自身でおっしゃられる通りに言葉を詰め込み過ぎているようです。できるだけ省ける言葉はないか推敲されるとよいかと思います。

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

長雨や秋茄子口に遠くなり

回答者 丼上秋葵

句の評価:
★★★★★

こんばんは!
布団の中から、おくらです。

拙句「ロケット」の句にコメントを下さり、ありがとうございます!

三秋の季語「秋夕焼」は「あきゆやけ」と読みます。この間のプレバト!でも、紹介されておりました。晩夏の季語「夕焼」よりも、どことなく〈寂しさ〉が滲みます。

恐縮ながら、まずは御句「秋茄子」の句に感想を述べさせていただきます。

提案句は、鳥越様のご指摘を援用し、さも自分が考えたかのように提示しております。
さすが、汚い! 卑劣なおくらを非難したくなるお気持ちは重々承知いたしておりますが、是非とも聴いていただきたい💦

「長雨や」としたことの効果は、「場面切り」以上の効果をもたらしていると思います。

◆花の色は移りにけりないたづらにわが身世にふるながめせしまに/小野小町

百人一首のみならず、高校の教科書にまで載る程の有名な短歌ですね。詳細な意の説明は省きますが、「ながめ」の一語が「長雨」と〈物思いに耽る〉という意味の「眺め」に掛かっています。

御句は「長雨」に体調を崩して、大好きな「秋茄子」を食べることもできずに「眺め」ている、物思いに沈んでいる様を、上五に託して詠んだものと解釈しました。

それならば、やはり「長雨に」と「長雨」を背景にするだけに止めず、「秋茄子」への渇望で〈物思いに沈んで〉「眺め」てますよ! という気持ちを強調するためにも「長雨や」とした方がよい、というのが私の考えるところです。

以下、余談です。

『Wind Climbing~風にあそばれて』/奥井亜紀という名曲があるのですが、その中に「どうにもならない今日はせめて 笑い話に変えられますように」という歌詞があります。

私の人生には一時、「長雨」のように「どうにもならない今日」ばかりが続いていた時期がありました。当時は、絶望せずに日々を生きつなぐ為だけに、ひたすら言葉の刃を研ぎ続けて、現実を面白おかしく捉えようと苦心しておりました。その経緯あってこその、今の私だと思います。

『風にあそばれて』は歌詞のすべてが素敵です。よろしければ、御試聴なさってみてください!

少しでもご参考になれば、幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、丼上秋葵さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

通学路別れの匂う梅開く

作者名 金目鯛の煮付け 回答数 : 3

投稿日時:

青麦やハッカタバコの薄煙

作者名 さつき 回答数 : 2

投稿日時:

新人研修ですます残るランチかな

作者名 宮武桜子 回答数 : 12

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『長雨に秋茄子口に遠くなり』 作者: 素一
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ