俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

湿る足献灯遠し戻り梅雨

作者 新参者です  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

初めて挑戦しました。
夏も終わりというのに大雨が続いています。
葬儀に行ったのですが早く駆けつけたいのになんだか顔を見るのも怖い気がするし靴に雨が入り足取りが重くなってなかなかたどり着けない気がしました。

最新の添削

「湿る足献灯遠し戻り梅雨」の批評

回答者 いなだはまち

初めまして。
初心者の感想程度にお願いします。
気になりましたのは、三段切れと季語戻り梅雨です。
季節は秋ですので、秋の雨の季語を探してぴったりくるものを選んでは如何でしょうか。
◆足重く献灯遠し秋入梅
作者の心情を読み取ってもらえるかは、自信がありませんが。
また、宜しくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

水鳥と重油の星を進みおり

作者名 根津C太 回答数 : 1

投稿日時:

処暑や太鼓の音に鶏の来たる

作者名 根津C太 回答数 : 2

投稿日時:

花水木緑の丘の紅一点

作者名 佐渡 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『湿る足献灯遠し戻り梅雨』 作者: 新参者です
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ