俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

唐紅の地上一尺曼珠沙華

作者 すがりとおる  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

おはようございます、西村敏彦です。

高校生の頃「よこはまたそがれ」が流行っていて、山口洋子の詞に驚きました。
その手法?で作ったのが「・・・鎌鼬」の句です。
それより先に作ったのが掲句です。

御批評・添削宜しくお願い致します。
季節外れの句です。

最新の添削

「唐紅の地上一尺曼珠沙華」の批評

回答者 腹井壮

西村敏彦さん、こんばんわ。いつも御世話になります。

「よこはまたそがれ」の歌詞を見てみました。確かに三段切れの俳句風ですが省略が効いた歌詞だと思います。

ところで原句は評価が別れそうですね。自分としては表現に工夫を凝らしているのは理解できるが説明句の範疇を越えていないとの判断です。

自分なら

地上1尺の浮世曼珠沙華

と詠みます。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

どてら着て霜夜にすする夜鳴きそば

作者名 やまの はるか 回答数 : 1

投稿日時:

東屋に水面の揺らぎ錦鯉

作者名 やす 回答数 : 2

投稿日時:

父の背でまどろむ帰路や秋祭

作者名 たけたけ 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『唐紅の地上一尺曼珠沙華』 作者: すがりとおる
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ