俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

先駆けのばん馬の闘気汗の湯気

作者 北あかり  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

帯広ばんえい競馬を詠みました。
1トンを超える馬体のばん馬が
鉄のソリを曳き小高くなった丘のような障害を乗り越えゴールを目指す。
わずか200メートルのレースですが
障害を乗り越える前に立ち止まり息を整え、
騎手の鞭に応え障害を乗り越えてゆく。
流れる汗は湯気となって馬体を包みます。
まるで闘気のオーラを纏っているように見えるのは、私だけなのでしょうか。

最新の添削

「先駆けのばん馬の闘気汗の湯気」の批評

回答者 04422

おはようございます!
北様の言う通りかも知れませんね。ただ、丘では意味が違ってくるかも?
揚句ばん馬の熱気が伝わって来ます。
闘気と湯気の組み合わせも面白いと思いました。
テレビで見た事がありますので、観客の熱気も伝わって来ます。
一番馬の騎手も必死でししょう。
コメントだけで添削は出来ませんが・・・

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

暑き日や烏も蔭で採餌かな

作者名 水谷 回答数 : 3

投稿日時:

秋寒の空いた電車に寄せる肩

作者名 ミラ 回答数 : 1

投稿日時:

兀山に双子の如しケルン置く

作者名 三日酔いの防人 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『先駆けのばん馬の闘気汗の湯気』 作者: 北あかり
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ