俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

スイカ切り赤い母の手思い出す

作者 四つ葉  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

子供の頃は母がスイカを切ってくれていたけど、自分で切るようになってから、スイカの汁で、それから冷たい水にさらされて赤くなった母の手を思い出すなあ、という感情を俳句にしてみました。

最新の添削

スイカ切り赤き我が手や母の手や

回答者 IZMIN

はじめまして、IZMINと申します。僭越ながら添削させていただきます。
現在の語順だと視点の変化がなく、やや味わいに欠ける気がします。「母の手」を最後に持ってくることで視点の変化をつけてみました。

点数: 0

添削のお礼として、IZMINさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

目覚めれば半夏の雨は滝のやう

作者名 04422 回答数 : 1

投稿日時:

オイルサーディン開けよっか春だから

作者名 いなだはまち 回答数 : 4

投稿日時:

過疎地にも嬉しき一人入学生

作者名 山口雀昭 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『スイカ切り赤い母の手思い出す』 作者: 四つ葉
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ