俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ピアソラの夏拍手前なる二秒の余韻

作者 裾野奈保子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ギターとバンドネオンduoのコンサートへ。
悲しく歌うバンドネオンのミロンガの演奏に静かな感動が。
最後の最後の音が消えるまで余韻に浸って来ました。
*575になっていない
*季語の選択に苦戦しています。
何の拍手かは読み手に委ねるかとも思いましたが…。
①ピアソラの夏➡︎説明的、無理がある?
②ミロンガや拍手前なる二秒の余韻
➡︎無季
③夏の月
④夏は夜
………?
添削 よろしくおねがいします。

※ミロンガ【milonga[スペイン]】
アルゼンチン,ウルグアイの民謡,舞曲。19世紀の後半からブエノス・アイレス,モンテビデオの周辺で。固有のアクセントをもつ2拍子系のリズムと,単純だが情緒的な旋律が特色である。

最新の添削

「ピアソラの夏拍手前なる二秒の余韻」の批評

回答者 まちる

コメントありがとうございます
着付けの場面
なるほどです
もうちょっと情報を出さなきゃいけませんでした
ありがとうございます

こちらの句ですが
句意が理解できてなかったようですみません
2秒の余韻が何なのかですよね

私は拍手を忘れてしまう程に演奏に酔いしれている様を想像しました
なので

終演

終わっても続く感動

あ、拍手しないと

会場が同じ感覚だったのかパラパラ拍手から大喝采へ

と捉えました
私は結構みなさんとズレてる自覚がありますので、私が句意を読み解けなかった事に関しては参考にしない方がいいと思います。ですので気をつけてください笑

点数: 0

添削のお礼として、まちるさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ピアソラの夏拍手前なる二秒の余韻」の批評

回答者 まちる

暑き日や機会逃しも湧く拍手

演奏の熱と季語の夏の暑さでコンサート情報なして伝えきれないかな・・・
厳しいかな
タイミング逃しても湧く拍手で観客の満足度も伝わらないかと・・・

句意をちゃんと伝える事のみを考えると情報量が多すぎるので私では字余りにしてしまうかな

点数: 1

添削のお礼として、まちるさんの俳句の感想を書いてください >>

「ピアソラの夏拍手前なる二秒の余韻」の批評

回答者 かこ

奈保子さま
こんにちは😃
“拍手前に”のつもりでした。
“拍手前に二秒の余韻”にしても良いのですが、少しリズムが悪くなるので。
Okと思います。

点数: 0

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

カルピスの最後の一滴夏終わり

作者名 黒猫 回答数 : 8

投稿日時:

要望:厳しくしてください

指一本さしてたしかむ水の春

作者名 モンガラ 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

あいつらはバンドワゴンだ梅紅葉

作者名 鳥田政宗 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ピアソラの夏拍手前なる二秒の余韻』 作者: 裾野奈保子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ