俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

月白く小さく昼の冬の空

作者 かぬまっこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

月と冬の空と一見、季重なりの感じもします。でも、この月は冬の空に浮かんだ月なので大丈夫なのではないかと判断して詠みました。どうでせうか❔

最新の添削

「月白く小さく昼の冬の空」の批評

回答者 すがりとおる

かぬまっこさん、こんにちは!
御批評・添削ありがとうございました。

「季重なり・中八」は承知の上で作ってみました。
「スーパームーン」という言葉を使うと「破調」「自由律」の方に向かわざるを得ません。自分にはまだその器量はありません。
とにかく今は「詠みたいことを詠み切る」ことを心がけています。

ありがとうございました。

点数: 0

添削のお礼として、すがりとおるさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「月白く小さく昼の冬の空」の批評

回答者 腹井壮

かぬまっこさん、おはようございます。
いつもアドバイスを頂き有り難うございます。大変参考になります。

以前ハオニーさんに御指導頂いたのですがこういう場合「冬の月」にするといいようです。確かに「冬の月」を季語として詠んだ句も過去にあります。

点数: 2

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

「月白く小さく昼の冬の空」の批評

回答者 白井百合子

コメントありがとうございます‼白くとか小さくは月の説明ではないのですか?動詞がいけないのですか?初歩的なことを聞いてごめんなさい!動きをあらわす時はどうすればいいのでか?

点数: 0

添削のお礼として、白井百合子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

卒業の後に廃校泣く恩師

作者名 みつかづ 回答数 : 3

投稿日時:

雪稜を望むにゆけり橋の上

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

妻のことあらためて知る衣更

作者名 卓鐘 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『月白く小さく昼の冬の空』 作者: かぬまっこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ