俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

日の沈む浜昼顔やひと休み

作者 山添雅晴  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

初心者でございます。
夕方砂丘に行ってみると夕日が沈むように浜昼顔もしぼみはじめているのです。
まるでおやすみのようです。

最新の添削

「日の沈む浜昼顔やひと休み」の批評

回答者 かこ

サンセット浜昼顔のひと休み

元句だと上五と中七が繋がっているので、
上五でカットを入れて、中七で近景の浜昼顔に移るというのはどうでしょうか。

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

建物の影に隠れて鳴る花火

作者名 いくたドロップ 回答数 : 4

投稿日時:

旧交を残暑に温む箸と筆

作者名 kotobato 回答数 : 2

投稿日時:

落ちてゐる右手袋や電車来る

作者名 ちゃあき 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『日の沈む浜昼顔やひと休み』 作者: 山添雅晴
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ