俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

改元のわれ変らじと帰雁かな

作者 元明  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

元号が変わろうがかわるまいがそんなことでは自分はなにも変わらないよ。渡り鳥が来て帰っていくように毎年同じことを繰り返している老いていく自分を重ねました。

最新の添削

「改元のわれ変らじと帰雁かな」の批評

回答者 いなだはまち

ワカシ君一年生です。
お世話様です。

この時期に帰雁なのですね。北の方にお住まいなのでしょうか。

そうですね。
善くも悪くも、実生活は特に変化はありませんね。消費税や近隣との関係の方が気になる所です。
しかし、日本人として生まれて良かったとしみじみ感じる瞬間でした。
掲句ですが、食傷気味ですので、コメントだけでお許しください。

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夏シャツで両手を合わす御影堂

作者名 シゲ 回答数 : 1

投稿日時:

安値札私選んで冬野菜

作者名 和光 回答数 : 2

投稿日時:

一晩を炬燵に臥する病かな

作者名 腹井壮 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『改元のわれ変らじと帰雁かな』 作者: 元明
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ