俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

無花果にテーブル挟む新事実

作者 入澤としえ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

友達の家に遊びに行った時
隣のおじさんからもらったと言う無花果をもらいました。
きれいな無花果で今にもはち切れそうで
昔話に花が咲きました。

最新の添削

無花果や九度目の告白の友

回答者 ハオニー

お初にお目にかかります、ハオニーです

無花果は読んで字のごとく、花が見えないところで咲いているのですね
お友達とのお話で新たに知った、実らなかった想いや実ったような隠し事もあったのでしょうね
この抽象的に描かれた「新事実」はそういうことを想像してもらいたいのでしょう

特に気になったのは中七です
テーブル挟む、が「2人以上の人間がテーブル越しに」という状況説明で終わっています

「無花果や」と切れをつくり、12音分で「新事実」の内容を描くととても明快です

手直しの句のようにすると、「無花果を食べながら談笑している映像」と「無花果と何度目かの告白とは、どこか関係がありそうだ」という複数の意味を持つことが期待できます

「(季語)や」は初心者の型と呼ばれがちですが、使い勝手は割といいものです

点数: 1

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

青年の瞳のひかり夏の海

作者名 気まぐれ亭いるか 回答数 : 12

投稿日時:

湯気の窓山茶花の紅の一片

作者名 腹井壮 回答数 : 3

投稿日時:

蕎麦切りの音を聞き待つ深大寺

作者名 やす 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『無花果にテーブル挟む新事実』 作者: 入澤としえ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ